~食べる楽しみいつまでも~誤嚥ゼロのまちづくり「はっぴぃごくんプロジェクト」

飲み込み110番

コロナ時代の嚥下体操(1)~食べる機能を落とさないで!~

更新日:

新型コロナの感染拡大を受け、ステイホームを守られている方が多いと思います。

ずっと家にいて誰とも口を利かなかった・・・なんて日が続いていませんか?
私たちは日頃、食事や会話を楽しみながら、食べたり、飲み込んだり、声を出したりして、口やのど等の筋肉を動かして食べる能力を保っています。

加齢に伴い、この能力は衰えてくるため、外出自粛や対面での会話などの制限で筋肉を動かす機会が大幅に減り、高齢者の食べる能力が低下することが心配されています。

食べる能力が低下すると、ムセたり、飲み込みづらさを感じるようになり、食べる量が減って栄養不足や免疫力低下を招くことにつながります。

コロナを避けられても食べる能力が衰えては大変です。

あなたやあなたの大切な人がコロナに負けず、楽しく味わう能力を維持していくためにえんげちゃんダンスををお役立てください。

大勢でえんげちゃんダンスを歌う時は口や舌を丁寧にしっかり動かすことを意識して行いましょう。飛沫を飛ばさないように声は出さなくてもOKです。

ご自宅や風通しの良い場所などで運動を取り入れて、コロナを予防しながら食べる力も鍛えましょう!

 

-お知らせ, 事務局だより, 普及啓発活動
-, , , ,



Copyright© 飲み込み110番 , 2020 All Rights Reserved.